脱毛と妊娠の関係

MENU

脱毛と妊娠の関係

ミュゼ新百合ケ丘店

毛が生えてくる過程には、女性ホルモンと男性ホルモンが大きく関係しています。

 

妊娠することは、このホルモンバランスが大きく崩れる事を意味します。黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増加します。エストロゲンも増加します。

 

このホルモンの関係で身体には色々な影響が出てきます。自律神経に影響し、精神不安になったり、メラニン色素の働きが活発になりシミや黒ずみが酷くなったりします。皮膚の乾燥も酷くなります。

 

身体の無駄毛にも影響します。又、産後は妊娠中に増加したプロゲステロンとエストロゲンが、急に減少していきます。又、母乳かミルクかでも違ってきます。

 

妊娠中での脱毛行為を行っているところはありません。又、母乳中の脱毛も無理です。妊娠された方は、一旦中止して産後再度開始することになります。生理が開始されているかどうかも、重要なポイントになってきます。

 

又、一旦脱毛が終了して満足がいく結果になったのに、毛が太くなったり、生えてきたという方は、妊娠によるホルモンバランスの急激な変化が関係しています。全員が、妊娠によって、毛が濃くなったり再度毛が生える事はありません。個人差があります。